おばじんは空を飛びたいあざらし

おばじんはアザラシ。アザラシは社会の荒波の中を泳ぎます。泳いだ人生の軌跡を記すブログ

おばじんは空を飛びたいあざらし

;

ワイヤレスなゲーミングヘッドセット『Steel Series Arctis7』が届いた!①開封編

zaif affiliate

記事をシェアする!!

f:id:ceoh18:20171102185542j:plain

おはじん!おばじんです。

 

PS4用のヘッドセットを本気で選んでみたシリーズの続編ですよ~!シリーズだったのか

 

前回の記事は読んでくださいましたか~??先に読んでくださいねっ!

 

注文したゲーミングヘッドセットがついに届きました。

 

受け取りまでに配達のクロ◎コヤマトさんと3回ほどすれ違いが…ご迷惑かけました。。(^^;;)

f:id:ceoh18:20171102172552j:plain

Steel Series社のArctis7です!ドドン

 

今回は開封の儀、やっていきましょう!

箱の中身はなんじゃろな♪

裏面のシールを2つとって、ご対面。ワクワク

f:id:ceoh18:20171102172917j:plain

パカッ!箱の内側が無駄にオシャレ。高級感がただよってますなァ。

※今まで3000円を超えるヘッドホンを買ったことが無い

 

入っていたモノ

内容物はこちらで全てです。

f:id:ceoh18:20171102173202j:plain

  • Arctis7本体
  • ワイヤレストランスミッタ
  • MicroUSBケーブル
  • 有線用3.5mmステレオミニプラグ
  • 説明書
  • 変なペラ紙

 

以上、6点です。

 

付属品から紹介するゾイ

ちょっともったいぶって付属品から紹介するぞい。焦らし戦法。

 

ケーブル類の長さ

f:id:ceoh18:20171102173859j:plain

3本のケーブルの長さは全て均一で、約1mといった長さでした。束ねるためのバンドなどはついていません。

 

私の使い方では十分な長さ、むしろ長すぎるかな?といったところ。

 

付属のMicroUSBケーブルはデータ転送も可能なモノでした。(XperiaA4に繋げて確認)

 

USB端子が可愛い

すげぇ細かいんですけど、USB端子全てにSteelSeriesのロゴが入っています。

f:id:ceoh18:20171102174513j:plain

 

こだわりを感じました。可愛い。

 

ワイヤレストランスミッタ

f:id:ceoh18:20171102174629j:plain

ワイヤレストランスミッタはこんな感じ。

コンパクトではあるけれど、思っていたよりでかかったです。

伸びているUSBケーブルも長いし、設置場所に少し困りそうです。

 

f:id:ceoh18:20171102174805j:plain

裏面。ゴムが入っていて、滑りづらいようになっています。

 

f:id:ceoh18:20171102174907j:plain

トランスミッタ側面、3.5mmステレオミニジャックのLINE-INとLINE-OUTがあります。この端子を使うことでヘッドセットの電源ON-OFFとスピーカのON-OFFを連動させることができるそうな。

 

個人的には、スピーカーとヘッドホンはWindowsのソフトウェア上で切り替える派なので、「使うかな?」と言ったところ。

PS4で使う場合はなおさら必要なさそう?

 

本体を紹介するゾイ

さ~て、前置きが長くなりましたが満を持して

 

本体様の登場でございます。

f:id:ceoh18:20171102175354j:plain

デデン。質感、最高。マッドな感じがとても好きです。

なんか、新品のスキーのゴーグルと似た匂いがします。オシャレ。

 

マイクが伸びる:びよ~~ん

f:id:ceoh18:20171102175730j:plain

左耳に収まっているノイズキャンセリングマイクはこんな感じで伸ばせます。

ヌヌヌヌッって感じで引っ張り出します。ヌヌヌヌッ

 

f:id:ceoh18:20171102175859j:plain

マイクを支えるのは結構柔らかい素材で、ぐにぐに曲がります。これはちょっと曲げすぎ注意。

 

f:id:ceoh18:20171102180110j:plain

マイクを戻すには、手動でヌヌヌヌッっと戻します。

ワンタッチでスルッと戻ったりはしなかった。

 

ヘッドバンドで多少調整可能

f:id:ceoh18:20171102181712j:plain

軽量スチール合金のクールさが際立ってます。そしてその周りには調整用のヘッドバンドが付いています。

 

f:id:ceoh18:20171102182429j:plain

アーチの長さを調節する機能はありませんが、ヘッドバンドの締め付けで多少のサイズ調整ができそうです。

 

ちなみに…サイズ感について

 

おばじんは過去に「「5等身デブ」」というあだ名を付けられたことのあるほど頭でっかちなのですが(実際問題、5等身とまではいきませんが、平均よりも顔がでかいのは明らか)

 

それくらい大きい頭でも問題なく、むしろしっかりフィットしました。小顔の方でもバンドを締め付ければある程度いけると思います。

 

ただ、締め付けのきつさに関しては長時間使用してみないと評価ができないところでもあります。最初は良くてもだんだんこめかみあたりが痛くなってきたりしますからね。

 

そこらへんに関しては後日また報告します。

 

ヘッドセット側の接続端子

f:id:ceoh18:20171102183753j:plain

右耳には

  • ①ゲーム音とチャット音のバランス調整ダイヤル
  • ②電源ボタン

左耳には

  • ③マイク
  • ④MicroUSB端子
  • ⑤ヘッドホンシェアジャック(?)
  • ⑥有線3.5mmジャック用端子
  • ⑦ボリュームコントロールダイヤル
  • ⑧マイクON-OFFスイッチ

 

 

がついています。ほとんどのボタン、ダイヤルはおおよその使い方に想像がつきます。

 

ただ、ヘッドホンシェアジャックとは何ぞや??(説明書にそう書いてあった)

 

まぁ、ヘッドホンの3.5mmミニジャックを指して使うのでしょうが…どうやって、そして、何のために使うのだろう…??

 

まとめ:超かっけぇ。早く使いてぇ

SteelSeries Arctis7の開封の儀をお送りしました。

 

諸事情によりこれらの写真を撮った後に外出せねばなならなくなり、まだ使用できていない状況です。

 

また使用してみてのレビューなどもお伝えしたいなと思っていますので、続編をご期待ください。

 

▼今回紹介した商品はコチラ▼

 

 

おまけ:ゴーグルの匂いは本物だった

f:id:ceoh18:20171102180833j:plain

ヘッドバンドはスキーゴーグルのヘッドバンドでした。

オシャレな匂いを嗅ぎ分けるとは、僕も成長したもんだ…(マグレ)

 

今回は以上!それではっ!

 

関連記事

www.obajin.com

www.obajin.com